超簡単なマロングラッセの作り方(栗のバター煮)失敗なしです!

栗のバター煮
スポンサードリンク

本格的なマロングラッセは手間と時間がかかって作るのが大変ですが、この栗のバター煮(栗のグラッセ)は簡単で、出来立ての温かいときでも、冷めてもおいしいです。
(作った日のうちに食べてください。翌日はお勧めできません)

ちなみにグラッセとはバターと砂糖を加えて煮汁を煮つめて、材料に照りやつやをつける料理法です。

栗の皮むきさえ済んでいれば、簡単にできます。

栗のバター煮(栗のグラッセ)の作り方・レシピ

栗のバター煮の材料

栗

●栗
 ・皮付きで500g
 ・むき栗なら250~300gくらい
●バター 大さじ4~5
●砂糖  大さじ5~(好みでどうぞ)

 

栗のバター煮(栗のグラッセ)の作り方

栗のグラッセ

  1. 栗の鬼皮・渋皮をむきます。
    栗の鬼皮・渋皮のむき方
  2. 鍋にバターを入れ、火にかけ、バターが溶けてフツフツなったら1の栗を入れて軽く炒めます。
  3. 水を栗がかぶるくらいに入れて、砂糖を入れ蓋をし、中火で煮ます。
  4. 時々栗をフライ返しで上下返して煮ますが、あまりかき混ぜると栗が崩れてボロボロになってしまいます。   
  5. 煮詰まってきたら蓋をはずし、鍋をゆすりながら水気がなくなるまで煮つめます。
    あまり激しくゆすると、栗が煮崩れます。

ちょっと甘めがおいしいです。

栗をまるごと茹でて、半分に切ってスプーンですくって食べるのも美味しいですが、ひと手間かけておやつを作ればお子さんも喜んでくれると思います。
剥き栗を買えば楽なので、ぜひ作ってみてくださいね!

 

スポンサードリンク

関連記事

令和3年度子供の支援申請受付期間一覧

母子家庭の支援制度一覧

新型コロナ対策支援制度一覧

ピックアップ記事

あずき缶で作るぜんざい

2021年鏡開き・超簡単!ゆであずき缶で作るぜんざいの作り方

2021年1月11日は鏡開きの日。「鏡開き」とは、お正月に歳神様にお供えした鏡餅を1月11日に下げて、お雑煮やぜんざいに入れて食べることをいいます。「鏡開き」についてと「超簡単・あずき缶で作るぜんざいの作り方」をご紹介します。

ページ上部へ戻る