新型コロナ:生活福祉資金貸付制度「緊急小口資金」(特例貸付)の説明


スポンサーリンク

児童手当

「生活福祉資金貸付制度」では、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、新たな特例貸付制度が実施されます。

今回の特例貸付は貸付の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、休業や失業等により生活資金でお困りの方々に向けた、緊急小口資金等の特例貸付です。

この制度は、ひとり親世帯とは関係なく、新型コロナの影響を受けて休業や失業等により生活資金に困っている方が対象となります。

休業された方と失業された方、があります。

  1. 主に休業された方向け:緊急小口資金
  2. 主に失業された方等向け:総合支援資金

ひとり親等の生活資金貸付は↓

 

緊急小口資金(特例貸付):休業された方向け

新型コロナの影響で、緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合の生活費用の貸付です。

対象者

新型コロナウイルスの影響を受け、 休業等により収入が減少し、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯

貸付上限額

20万円以内
(通常の場合の貸付上限額は10万年)

据置期間

1年以内 ※ 従来の2月以内とする取扱を拡大しています。

償還期限

2年以内
※ 従来の1年以内とする取扱を拡大しています。

貸付利子・保証人

無利子・不要

申込先・問い合わせ先

市区町村社会福祉協議会 又は お住まいの都道府県内の労働金庫

詳しいこと、必要書類等はこちらにお尋ねください。

 

失業された方等向け:総合支援資金

緊急小口資金等の特例貸付

生活再建までの間に必要な生活費用の貸付です。

対象者

新型コロナウイルスの影響を受け失業等により日常生活の維持が困難となっている世帯

貸付上限額

  • 2人以上:月20万円以内
  • 単身:月15万円以内

貸付期間

原則3月以内

据置期間

1年以内
※従来の6月以内とする取扱が拡大になっています。

返済期限

10年以内

利子・保証人

無利子・不要
※通常、保証人ありの場合は無利子、な しの場合は年1.5%とする取扱が緩和されています。

申込先とお問い合わせ先

市区町村社会福祉協議会
詳しいこと、必要書類等はこちらにお尋ねください。

 

生活福祉資金貸付制度「緊急小口資金」(特例貸付)の厚生労働省のチラシ
一時的な資金の緊急貸付に関するご案内

 


関連記事

令和2年度子供の支援申請受付期間一覧

母子家庭の支援制度一覧

ピックアップ記事

確定申告

「寡婦控除」「特別の寡婦控除」と「税金」の関係~年末調整や確定申告

寡婦控除・特別の寡婦控除とは、既婚の母子家庭の母が寡婦に当たる場合に受けられる所得控除のことです。控除を受けることによって支払う税金の額が変わります。わかりやすく説明します。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る