2018年冬至のゆず風呂ゆず湯~いくつ入れる?作り方・入り方・注意点


スポンサーリンク
柚子湯

2018年の冬至は12月22日です。

冬至ゆず湯ゆず風呂(柚子湯・柚子風呂)に入ると風邪知らずといいます。

香がり良くて、とても温まるゆず湯・ゆず風呂の作り方、入り方、由来や効能、ゆず湯に入るときに注意しなければならないこと、使用後のお湯の使い道、使用後のゆずの利用法をご紹介します。

「冬至にゆず湯に入る」由来

冬至に柚子湯に入る由来

冬至(とうじ)は、季節を表す言葉のひとつで、1年を24で分けた「二十四節気」(にじゅうしせっき)の第22節目で、毎年12月22日ごろ。

冬至は一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が短くなる日です。
冬至以降は日が少しずつ長くなっていきます。

そのため冬至は、太陽の力が一番弱い日(=陰の気が極まる日)で、この日から太陽の力が強くなっていく(=陽の気が強くなりはじめる日)ということから「一陽来復」の日とされています。

つまり、冬至を境に運が向いてくる→冬至は上昇運に転じる日なのです!

『冬至=「一陽来復」の日』にゆず湯に入るのは、柚子の強い香りで邪気を祓い、体を清めるためといわれています。

また、『冬至のゆず湯』には、ゆず=「融通」がきく、冬至=「湯治」という縁起かつぎの語呂合せの意味もあります。

柚子には血行を促進して冷え性や腰痛をやわらげたり、体を温て風邪予防の働きがあり、果皮や果汁に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果も期待できます。

柚子の香りにはリラックス効果もあります。

冬至にゆず湯に浸かって、柚子の香りで邪気を祓い身を清め、運気を呼び込み、心機一転、明日からもまたシングルマザー生活を楽しみながら生きていきましょう!

ちなみに、冬至の逆は夏至(げし)で、一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が長い日です。
夏至以降から冬至に向けて昼が少しずつ短くなっていきます。

では、柚子湯(ゆず風呂)の入り方です。

 

柚子湯(ゆず風呂)の入り方

  • 柚子を丸ごとお風呂に入れる。
    1個~2個。もっと香りを!とか、大きめのお風呂の場合は数を増やしてください。
    皮に数箇所浅く切込みを入れるか、ツマヨウジでプスプスと何箇所か刺してから入れる、などの方法で。
  • 柚子を輪切りや半分にカットしてそのまま入れると香りもよく、成分も出やすいですが、果肉や種がお湯に浮いてくるため、お掃除が大変です。
    なので、ガーゼなどで袋を作り(洗濯ネットに入れてもOK)、中身が出ないようにします。
    柚子が見えないのが残念ですが、香りや成分も出やすくお掃除も楽です。
  • 皮だけ入れる。
    鍋料理などに果汁を使った後の果皮をお風呂に入れる(無駄がなくていいです)
  • 果汁をしぼって入れる。
    果皮は、料理用に取っておきます(冷凍保存など)。

 

ちなみに我が家では、柚子をを丸ごとお風呂に浮かべます。

  • 柚子をよく水洗いして、表面をツマヨウジでぷすぷす刺して、果汁が出やすいようにしてからお風呂に浮かべます。
  • 2~3個浮かべています。
    ちょっと贅沢なゆず湯にするときは3~4個。
  • 柚子(ゆず)は、なるべく無農薬のものを使うようにしています。

 

ゆず湯の残り湯の使い方

ゆず湯の残り湯の使い方

ゆず湯の残り湯は洗濯に利用できます。

すすぎは普通の水道水でして下さい。

白い生地のものは黄ばむことがありますので、利用しないほうが良いです。

 

使用した柚子(ゆず)の再利用法

ゆず湯に使用した柚子の再利用法

ゆず湯に使用した柚子は、もちろん食べれません。

柚子の皮の内側の白い部分は掃除に使えます。

お風呂掃除に柚子の皮の白い部分で浴槽や洗面台、蛇口などをピカピカに磨いておけば、年末の風呂・洗面台の大掃除が楽になります。

 

柚子の入浴剤がいろいろありますが、柚子を丸ごと湯船に浮かべたほうが風情がありますね!

忙しい毎日を送るシングルマザーですが、冬至には湯船に柚子を浮かべて、親子でゆっくり冬至湯を楽しんでくださいね!


関連記事

令和元年度子供の支援申請受付期間一覧

母子家庭の支援制度一覧

ピックアップ記事

焼きりんご

焼きりんご・オーブントースター(トースター)レシピ作り方

トースターやオーブントースターで作る焼きリンゴの作り方・レシピです。オーブンがなくても焼きりんごが作れます。りんごの酸味と砂糖の甘みとバターの香りが幸せ気分になれる、あったかいおやつです。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る