平成30年度 ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付制度の申込み方


スポンサーリンク
シングルマザーの仕事

ひとり親家庭の親に対する資格取得のための資金貸付の制度です。

高等職業訓練促進資金貸付制度は、高等職業訓練促進給付金事業を活用して養成機関に在学し、就職に有利な資格(看護士・介護福祉士など)の取得を目指す「母子家庭の母」「父子家庭の父」等が「入学準備金として50万円」「就職準備金として20万円」を借りられる制度です。

条件を満たせば、貸付金の返還免除があります。

「高等職業訓練促進給付金」についてはこちら

対象者
 高等職業訓練促進給付金の受給者

貸付額
 入学準備金
 ・500,000円
 ・養成機関への入学時に貸付。
 就職準備金
 ・200,000円以内
 ・養成機関を修了し、かつ、資格を取得した場合に貸付。
  但し、養成機関卒業から1年以内に資格を活かして就職した方が対象です。

無利子(保証人がいない場合は年1%)

貸付金の返還免除
養成機関卒業から1年以内に資格を活かして就職し、貸付を受けた都道府県又は地方自治体の区域内等において5年間勤務した場合は、貸付金の返済が全額免除となります。

申請手続き
お住まいの自治体の福祉の窓口か社会福祉協議会にまずはお問い合わせください。
貸付対象となるかについては、審査があります。

必要書類については、窓口で案内されます。



関連記事

平成30年度子供の支援申請受付期間一覧

ピックアップ記事

親子

未婚のシングルマザーの『みなし寡婦控除』について~未婚の母の手当・補助

「婚姻歴なしの未婚のシングルマザー」の『みなし寡婦控除』についてのご案内です。児童扶養手当等の所得計算に『寡婦控除』『特別の寡婦の控除』が反映されることについてです。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る