2019年 シングルマザーの自立支援教育訓練給付金事業(平成31年度)


スポンサーリンク
シングルマザーの仕事

自立支援教育訓練給付金」(自立支援給付金)とは、「母子家庭の母」または「父子家庭の父」が、就職につなげる能力開発のために教育訓練講座を受講し、修了した場合に、支払った受講料の一部支給される制度で、厚生労働省が各地方自治体と協力して取り組んでいる事業です。

支給金額は、受講料の60%で上限20万円ですが、その額が12,000円以下の場合は支給はありません。

支給は、受講修了後の後払いとなります。 

 

対象者

20歳未満の児童を扶養している「母子家庭の母」または「父子家庭の父」で、

  • 児童扶養手当を受給している、又は同等の所得水準であること
  • 当該教育訓練を受けることが適職に就く為に必要と認められること
  • 過去に教育訓練給付金の支給を受けたことがないこと。

 ・・・の3つの項目を満たしている方です。

 

対象講座

  • 雇用保険教育訓練給付金制度の指定講座
  • その他、都道府県等の長が地域の実情に応じて対象とする講座

ホームヘルパー、医療事務、簿記、介護事務などいろんな職種の講座があります。

 

講座の受講について

各都道府県・市・福祉事務所設置町村において実施しています。

制度を設けていない都道府県等に居住されている場合は、支給の対象となりませんのでご注意下さい。

注意!
講座を受講する前に自治体の窓口に申請書(自立支援教育訓練給付金受講対象講座指定申請書)を提出して、事前に講座の指定を受けておかなければなりません。

申請の流れ

申請受付は随時行っていますが、必ず講座を申し込む前に役所で相談(申請手続き)をしてください。

講座を申し込んだ後からでは、この制度の受付はできません。

    1. 講座開始前(通信教育の場合は申込前)に指定申請を行う。
      ⇒ 対象講座であれば認定されます。
      まずは希望受講のパンフレット等を持って、自治体の窓口で支給対象になるのか相談してください。
  1. 講座終了後に支給申請を行う。
    ⇒ 支給認定された後、給付金が支給されます。

その他必要書類など詳しいことは、お住まいの自治体の子育て支援の窓口にお尋ねください。

 

支給額

雇用保険法による「一般教育訓練給付金」の受給資格の有無により異なります。

支給は受講修了後の後払いです。

(1)「一般教育訓練給付金」の受給資格のない場合 

雇用保険に加入していないか、雇用保険に加入して1年未満の人

受講料の60%(上限20万円)ただし、その額が12,000円以下の場合は支給はありません。

(2)「一般教育訓練給付金」の受給資格がある場合

(雇用保険を1年以上加入している)

(1)の場合の支給額から、「一般教育訓練給付金」の額(受講料の20%・上限10万円)を差し引いた額



関連記事

平成31年度子供の支援申請受付期間一覧

母子家庭の支援制度一覧

ピックアップ記事

給料

『給与所得』と『給与収入』の違いと『年収』と『手取り』

児童手当や児童扶養手当の申請などに出てくる『給与所得』。年末または翌年の1月に勤務先から受け取る「源泉徴収票」に記載されている『給与所得』と『給与収入』の違いと、『年収』と『手取り』についてご案内します。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る