平成30年度 シングルマザーの自立支援教育訓練給付金事業


スポンサーリンク
シングルマザーの仕事

自立支援教育訓練給付金」(自立支援給付金)とは、「母子家庭の母」または「父子家庭の父」が、就職につなげる能力開発のために教育訓練講座を受講し、修了した場合に、支払った受講料の一部支給される制度で、厚生労働省が各地方自治体と協力して取り組んでいる事業です。

支給金額は、受講料の60%で上限20万円ですが、その額が12,000円以下の場合は支給はありません。

支給は、受講修了後の後払いとなります。 

 

対象者

20歳未満の児童を扶養している「母子家庭の母」または「父子家庭の父」で、

  • 児童扶養手当を受給している、又は同等の所得水準であること
  • 当該教育訓練を受けることが適職に就く為に必要と認められること
  • 雇用保険法による教育訓練給付金の受給資格がないこと。
  • 過去に教育訓練給付金の支給を受けたことがないこと。

 ・・・の4つの項目を満たしている方です。

 

対象講座

  • 雇用保険教育訓練給付金制度の指定講座
  • 厚生労働大臣が別に定める講座
  • その他、都道府県等の長が地域の実情に応じて対象とする講座

雇用保険教育訓練給付金制度の指定講座につてはこちら
いろんな職種の講座があります。

 

講座の受講について

各都道府県・市・福祉事務所設置町村において実施しています。
制度を設けていない都道府県等に居住されている場合は、支給の対象となりませんのでご注意下さい。

注意!
講座を受講する前に自治体の窓口に申請書(自立支援教育訓練給付金受講対象講座指定申請書)を提出して、事前に講座の指定を受けておかなければなりません。

その他必要書類など詳しいことは、お住まいの自治体の子育て支援の窓口にお尋ねください。



関連記事

平成30年度子供の支援申請受付期間一覧

ピックアップ記事

U35割

UR賃貸住宅の『U35割』は35歳以下は通常家賃の20%引き!?

UR賃貸住宅のお得な割引サービスのひとつに「U35割」があります。家賃が通常の2割引(最大で)なので、ママが35歳以下の母子家庭にもおすすめなプランです。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る