麺をゆでるときのふきこぼれ防止策


スポンサーリンク

素麺をフライパンで茹でる

素麺、冷麦の美味しい季節です。

麺をゆでるときのふきこぼれ防止についてです。

そうめん、うどん、そば、パスタ(スパゲッティ)中華麺などの麺料理は、急いで食事の準備をするときにとても便利です。

麺をゆでている時に気をつけないといけないのが噴きこぼれです。

ちょっと目を離したすきに一気にふきこぼれて鍋もガスレンジもベタベタになってしまった・・・なんてこと、よくありますよね。

料理本に、「麺をゆでる時は大きめの鍋で」と書いてありますが、フライパンや中華鍋の方がふきこぼれなくていいです。

フライパンや中華鍋にたっぷりの水を入れ、沸騰したら麺をバラして入れ(パスタの時は塩を入れます)、麺同士がくっつかないように箸で混ぜます。

私は麺類をゆでるときは大きめのフライパンを使っています。

ふきこぼれないというのは非常に助かりますので、良かったら試してみてね。


◎山田工業所 鉄打出片手中華鍋セット30cm 1.2mm厚お玉中・ササラ21cm・受け台付(北京鍋セット)529-06



関連記事

令和2年度子供の支援申請受付期間一覧

母子家庭の支援制度一覧

ピックアップ記事

節分と恵方巻き

2020年の節分~恵方は東北東。恵方巻きの作り方と具材

令和2年(2020年)2月3日の節分の恵方は西南西です。節分に恵方に向かって丸かぶりする巻寿司(太巻き)をお子さんと作ってみませんか?

おすすめ記事

ページ上部へ戻る