WordPress5.0の新エディタが使いにくいので元に戻す方法

Classic Editor
スポンサードリンク

WordPress5.0(ワードプレス5.0)に更新したら新エディタになり記事がめちゃくちゃ書きにくいので、プラグイン【Classic Editor】で元に戻す方法がありますのでご紹介します。(平成30年12月10日現在)

WordPress5.0のエディタがこんなになって使いにくい!
ワードプレス5.0の新エディタ

Classic Editor】をインストールしてクラシックモードにすることで今までと同じエディタになります。

WordPress5.0を更新してすぐ【Classic Editor】をインストールする方法と、あとから【Classic Editor】を検索してインストールする方法をご説明します。

 

WordPress5.0に更新してすぐの場合

WordPress5.0を更新後に下記の画面が出ますので、『旧エディターを使い続ける方法はこちら】 をクリックすると、そのまま最下部に移動して【Classic Editor】のインストールの案内が出ます。

新しいエディタ
   ↓  ↓  ↓

インストール案内

   ↓  ↓  ↓

【Category Orderをインストール】をクリックすると【Classig Editor】を【今すぐインストール】の画面が出てきます。

今すぐインストール

下記の「【Classic Editor】を検索してインストールする方法」の4~6の手順でインストールを完了させてください。

 

 

【Classic Editor】を検索してインストールする方法

WordPress5.0を更新して、あとからクラシックモードにするときは、

1.WordPressのダッシュボードにログインして、左メニューの【プラグイン】をクリックし、次に【新規追加】をクリックします。

クラシック・エディター

 

2.プラグインの検索欄に、

プラグインの検索欄

 

3.【Classic Editor】と入力して、【Enter】キーを押します。

クラシック・エディタ

 

4.検索結果に出た【Classic Editor】の今すぐインストールをクリックします。

今すぐインストール

 

5.インストールが終わったら、【有効化】をクリックします。

有効化

 

6.【インストール済みプラグイン】の中に、【Category Order】が追加され、インストールは完了です。

インストール完了

 

今までと同じ画面で記事が書けるようになりました!

クラシックモード

 

WordPressのダッシュボードで確認

WordPressのダッシュボードの【設定】の【投稿設定】を開きます。

「すべてのユーザーのデフォルトエディター」のチェックが【Classic Editor】になっていればOKです。

設定確認

お疲れ様でした!

スポンサードリンク

関連記事

令和3・4年度子供の支援申請受付期間一覧

母子家庭の支援制度一覧

新型コロナ対策支援制度一覧

ピックアップ記事

あずき缶で作るぜんざい

2023年鏡開き・超簡単!ゆであずき缶で作るぜんざいの作り方

2023年1月11日は鏡開きの日。「鏡開き」とは、お正月に歳神様にお供えした鏡餅を1月11日に下げて、お雑煮やぜんざいに入れて食べることをいいます。「鏡開き」についてと「超簡単・あずき缶で作るぜんざいの作り方」をご紹介します。

ページ上部へ戻る