大寒の卵で金運と健康運を呼び込もう!


スポンサーリンク
大寒の卵

大寒の日に産まれた縁起物の卵、『大寒の卵

昔から「大寒の日に産んだ卵」を食べると「金運や健康運を呼び込む」縁起物と言われ、「その一年はお金に困らない、健康で過ごせる」と言われてきたそうです。

2018年の大寒は1月20日(土)です。

縁起を担いで、『大寒の卵』を使った卵料理はいかがでしょう?

大寒は、一年で最も寒さが厳しい時期

大寒とは

『大寒』(だいかん)は、1年を24で分けた「二十四節気」の第24節目で毎年1月20日頃から次の節気である「立春」までの期間、又は第1日目を指します。

「寒の入り」である『小寒』(1月5日頃)
 ↓
『大寒』(1月20日頃)

 ↓
『立春』(2月4日頃)まで
の30日間を「寒の内」といい、
『大寒』はその真ん中にあたる1年中で最も寒い時季です。

「小寒」(寒の入り)から「立春」の前日までの寒の間に産まれた卵を『寒卵』といいます。

その中でも「大寒」の日に産まれた『大寒の卵』は、寒さで鶏の産卵数が減るため、「濃厚で滋養に富んだおいしい卵」となり、食べるとその1年は健康に暮らせるといわれています。

また、大寒の季節は鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)と言われ、鶏が卵を産み始める時期でもあるため、「もっとも生気の満ち溢れた卵」とも言われています。

 

大寒の卵の購入方法

『大寒の卵』はスーパーや、ネット通販、近くの養鶏場で購入出来ます。

スーパーで買うときは、産卵日を確認してください。
「採卵日」は卵をとった日であり、「産卵日」は卵を産んだ日なので産卵日が大寒の日(1月20日)になっていればOKです!

卵には消費期限の表記はありますが、産卵日は記されていない事が多いので、実際に大寒の卵を手に入れるとなるとスーパーは難しいかも、です。

↑↓(今はもちろん在庫がありませんが、来年また販売すると思います。)

調べてみると楽天で扱っているのでご紹介します。


大寒たまご・紅輝卵(こうきらん)10個入り
◆10個入り 756円(税込)送料別
◆ショップ:まるごと山形

通常の卵よりは割高ですが、たまには贅沢するのもいいかも!

滋養豊富な『大寒卵』を食べて健康促進、金運UP!なんか素敵な一年になりそうです!

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

控除とは、控除額とは

税金に関係してくる控除。控除とは「給与等収入金額から一定の金額を差し引く」ことで、「控除額」とは、「税金の対象にならない額」ということになります。「控除」について、なるべく分かりやすくご説明します。

ランキング

ランキングに参加中です。
応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザー ブログランキングへ
ページ上部へ戻る