ひとり親家庭・ひとり親世帯とは


スポンサーリンク
親子

ひとり親家庭(ひとり親世帯)」とは、両親の離別・死別などにより母親または父親のどちらかと、その子(児童)とからなる家庭のことで、母子家庭(母子世帯)・父子家庭(父子世帯)のことです。

母子家庭の母をシングルマザー(略してシンママ)、父子家庭の父をシングルファザーといいます。

 

ひとり親家庭になった理由には、

  • 父母が婚姻を解消した(離婚)
  • 父又は母が子の出生後に死亡
  • 父親の死亡後に子が出生
  • 父又は母の生死が明らかでない・行方不明(蒸発)
  • 父又は母が1年以上拘禁されている
  • 父又は母に一定の障害がある
  • 父又は母に児童が1年以上遺棄されている
  • 父又は母が裁判所から配偶者からの暴力(DV)で保護命令を受けた
  • 母が婚姻によらないで懐胎した
  • 父母死亡、父又は母が児童を監護していない
    ・・などです。

ひとり親家庭には、国や地方自治体の育児、医療等に対して手当や減免・補助金、助成金などの支援が行われています。

各支援については
 ↓ ↓ ↓
母子家庭の支援制度一覧をご覧下さい。


関連記事

令和元年度子供の支援申請受付期間一覧

母子家庭の支援制度一覧

ピックアップ記事

満18歳未満の子

児童扶養手当の一部支給停止措置とは?今迄通り受給するには?

「児童扶養手当の受給から5年後」などの要件の人が「どうしても仕事ができない事情がない」のに 「働かずに手当を受け取っている」場合は、「支給額が半額になります」という制度ですが、仕事をしている人などは届出を出せば今までどおり支給されます。手続きの案内です。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る