捨てる前に再利用できるもの~牛乳パック


スポンサーリンク
牛乳パック

飲み終わった後の牛乳パックなどは使い捨てのまな板として再利用できるのをご存知ですか?

飲み終わった牛乳パックなどをよく洗い、乾かして、切り開いたものを肉や魚や臭いが強いものを切るときに使います。

切り開いて乾かした牛乳パック
↑このように切り開いて乾かしておきます。

 

プラスチック製や木製のまな板に肉や魚などの臭いやヌメリが付くと洗剤で洗ってもなかなか落ちにくいものです。

牛乳パックのまな板なら、使い終わった後は、軽く汚れを水で流して棄てればOK!

まな板に残る臭いやヌメリを落とすのにかかる時間と労力と水と洗剤の節約になります。

玉ねぎやニンニクなどの臭いの強い野菜を切る時にもおすすめです。

 



関連記事

平成30年度子供の支援申請受付期間一覧

ピックアップ記事

博多雑煮の作り方~アゴだし、ブリとかつお菜、丸餅で!

博多雑煮の特徴は、だしを「焼きあご」で作ることと、「ぶり」を入れること、青菜は「かつお菜」、餅は「丸もち」で焼かずに柔らかく煮たものを使うことです。福岡生まれ福岡育ちの我が家風の博多雑煮の作り方をご紹介します。ぶり、生臭くないですよ!

おすすめ記事

ページ上部へ戻る