捨てる前に再利用できるもの~牛乳パック


スポンサーリンク
牛乳パック

飲み終わった後の牛乳パックなどは使い捨てのまな板として再利用できるのをご存知ですか?

飲み終わった牛乳パックなどをよく洗い、乾かして、切り開いたものを肉や魚や臭いが強いものを切るときに使います。

切り開いて乾かした牛乳パック
↑このように切り開いて乾かしておきます。

 

プラスチック製や木製のまな板に肉や魚などの臭いやヌメリが付くと洗剤で洗ってもなかなか落ちにくいものです。

牛乳パックのまな板なら、使い終わった後は、軽く汚れを水で流して棄てればOK!

まな板に残る臭いやヌメリを落とすのにかかる時間と労力と水と洗剤の節約になります。

玉ねぎやニンニクなどの臭いの強い野菜を切る時にもおすすめです。

 


スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

年末調整

年末調整や確定申告の「寡婦」と「特別の寡婦」の違いと「寡婦控除」

年末調整「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」や確定申告の際に母子家庭に特に関係がある「寡婦控除」と「寡婦」「特別の寡婦」についてわかりやすく説明します。税金や児童扶養手当など各種手当・給付金にも関係しますのでシングルマザー必読です!

おすすめ記事

ページ上部へ戻る