捨てる前に使えるもの~乾燥剤の活用法


スポンサーリンク
乾燥剤

お菓子や焼きのりの袋などに入っている乾燥剤、捨てるのはもったいないです。

私は、干し椎茸を保存しているビンに入れるなど、食品を保存しているびんや引き出しなどの湿気取りにしています。

また、下駄箱(シューズボックス)に入れて湿気取りとして使っています。

狭いところの湿気取りには重宝します。

しばらく置いておくと、湿気を吸ってぷっくりと膨らむので、新しいものと取り替えればOK!

再利用できるものは再利用しましょ!


スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

あずき缶で作るぜんざい

鏡開き・超簡単!ゆであずき缶で作るぜんざいの作り方

2019年1月11日は鏡開きの日。「鏡開き」とは、お正月に歳神様にお供えした鏡餅を1月11日(金)に下げて、お雑煮やぜんざいに入れて食べることをいいます。「鏡開き」についてと「超簡単・あずき缶で作るぜんざいの作り方」をご紹介します。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る