捨てる前に使えるもの~乾燥剤の活用法


スポンサーリンク
乾燥剤

お菓子や焼きのりの袋などに入っている乾燥剤、捨てるのはもったいないです。

私は、干し椎茸を保存しているビンに入れるなど、食品を保存しているびんや引き出しなどの湿気取りにしています。

また、下駄箱(シューズボックス)に入れて湿気取りとして使っています。

狭いところの湿気取りには重宝します。

しばらく置いておくと、湿気を吸ってぷっくりと膨らむので、新しいものと取り替えればOK!

再利用できるものは再利用しましょ!


関連記事

令和2年度子供の支援申請受付期間一覧

母子家庭の支援制度一覧

ピックアップ記事

博多雑煮の作り方~アゴだし、ブリとかつお菜、丸餅で!

博多雑煮の特徴は、だしを「焼きあご」で作ることと、「ぶり」を入れること、青菜は「かつお菜」、餅は「丸もち」で焼かずに柔らかく煮たものを使うことです。福岡生まれ福岡育ちの我が家風の博多雑煮の作り方をご紹介します。ぶり、生臭くないですよ!

おすすめ記事

ページ上部へ戻る