『給与所得』と『給与収入』の違い

スポンサーリンク
給料

児童手当や児童扶養手当の申請などに出てくる『給与所得』。

給与所得』と『給与収入』の違いについてご案内します。

『給与収入』とは

給与収入

源泉徴収票の『支払金額』は、1年間に受け取った給与や賞与、残業などの諸手当の合計で税金や社会保険料などを差し引く前の年間総収入金額です。

つまり『支払金額』=『給与収入』です。

「年収いくら?」と聞かれたら、『給与収入』の金額を答えればOKです。

 

『給与所得』とは

給与所得控除後の額

『支払金額(給与収入)』から、必要経費である[給与所得控除額]を引いた『給与所得控除後の額』が『給与所得』です。

[給与所得控除額]とは、会社員のみなし経費(スーツ、靴、カバン、筆記用具など仕事のために自分で準備するための費用)で、この額は自動的に計算されるので、源泉徴収票には載っていません。

『給与所得控除後の金額(給与所得)』
=『支払金額(給与収入)』-[給与所得控除額]
『給与所得』がいくらであるかという場合には、『給与所得控除後の額』を見ます。

ちなみに、「給与所得控除後の額(給与所得)」から基礎控除の額や寡婦(または特別の寡婦)控除、医療費控除などの控除を引いた額は、「課税所得金額」(課税される所得金額、つまり税金の対象になる金額)です。

 

児童手当・児童扶養手当の所得の計算方法

児童手当と児童扶養手当で言うところの【所得】は、『給与所得控除後の金額(給与所得)』から控除などを引いた額になります。

児童手当の【所得】の計算方法

【児童手当の所得】
=『給与所得控除後の金額(給与所得)』-『所得控除の額の合計』-8万円(一律控除)

児童扶養手当の【所得】の計算方法

【児童扶養手当の所得】
=『給与所得控除後の金額(給与所得)』+養育費の8割相当額-『所得控除の額の合計』-8万円(一律控除)

 

ちなみに、公営住宅やUR賃貸住宅の会社員の資格審査の収入基準は、『給与収入』(つまり『支払金額』)です。

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

高等学校等の「就学支援金」と「奨学給付金」の違い

高等学校等の生徒への支援に「高等学校等就学支援金制度」と「高校生等奨学給付金制度」がありますが、違いがわかりにくいのでご説明します。

ランキング

ランキングに参加中です。
応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザー ブログランキングへ
ページ上部へ戻る