混ぜるな危険!塩素系洗剤と酸性洗剤を混ぜる恐怖!


スポンサーリンク

混ぜるな危険!

年末の大掃除を始めている頃かと思います。

お子さんも掃除のお手伝いしていることでしょうね!

今回は、洗剤の注意事項です。

年末の大掃除の頃になると、いろんな洗剤や漂白剤、カビ取り剤などを使うことが多くなってきます。

まぜるな危険!」の表示、確認していますか?

「まぜるな危険!」

本当に危険なので必ず確認してください。

お子さんが「気がつかない」で、「知らない」で、「わからない」で混ぜて使ってしまったら取り返しのつかないことになってしいます。
もちろん、お子さんに限らず危険です。

何と何を混ぜたら危険なのか?

どのように危険なのか?

 ↓  ↓  ↓

洗剤を2種類以上混ぜたり、前後に続けて2種類以上使用しないこと、です。

塩素系タイプの洗剤・漂白剤」と「酸性タイプの洗剤・漂白剤」を混ぜると有毒ガス~猛毒の塩素ガス~が発生します

トイレや浴室は密室状態であまり換気が良いとは言えないところ。
そんなところで猛毒の塩素ガスを発生させてしまったら・・・恐ろしい事になります。

以前、トイレ用の塩素系漂白剤と酸性の洗剤を混ぜて使用してこの有毒が発生したために死亡事故が起きたことがありました。

  • 塩素系漂白剤が残ってる容器などに酸性の洗剤などを入れてしまうのも危険です。
    混ぜて使ったつもりでなくても、結果的には混ぜてしまうことになります。
  • 「酢」「クエン酸」も酸性ですので他の洗剤と混ぜて使用しないでください。
  • 混ぜなくても、酸性、塩素系洗剤を続けて使うのも危険です。

また使用時には、換気とゴム手袋を装着することも忘れないでください。

注意書きは必ず読んでから使用してください。

それでは、お子さんと大掃除を楽しんでくださいね!


関連記事

令和2年度子供の支援申請受付期間一覧

母子家庭の支援制度一覧

ピックアップ記事

U35割

UR賃貸住宅の『U35割』は35歳以下は通常家賃の20%引き!?

UR賃貸住宅のお得な割引サービスのひとつに「U35割」があります。家賃が通常の2割引(最大で)なので、ママが35歳以下の母子家庭にもおすすめなプランです。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る