ひな祭りにママさん特製ちらし寿司はいかが?

スポンサーリンク
ひな祭り

3月3日は、桃の節句、雛祭りです。

ひな祭りのテーブルにちらし寿司はいかがですか?

お母さんが作ってくれたちらし寿司・・・いい思い出になると思います。

今回ご紹介するレシピは高校3年のときの家庭科の調理実習のときのものです。
ずいぶん昔のプリントなので紙の色が茶色になっています(^_^;)

ピンクの「でんぶ」は使わずに、シャケ缶でそぼろを作ります。
色味がさびしいようでしたら、食紅を少々加えてください。

甘い「でんぶ」の代わりにカニかまぼこの利用もおすすめです。

 

それでは、ちらし寿司の作り方とすし飯をおいしく作るコツ!をご紹介します。

ちらし寿司の材料

ちらし寿司の材料

ちらし寿司の材料(5~6人分)

A:寿司飯
   米  4カップ
   水  4.4カップ
  合わせ酢
   酢   100cc
   塩  大さじ1と小さじ1/2
   砂糖 大さじ4と1/2

B:寿司飯に混ぜ合わせる具
   かんぴょう  30g
   干しいたけ  5枚
   にんじん   中1本
  煮汁
   出し汁  1カップ
   砂糖   大さじ2と1/2
   薄口しょうゆ 大さじ1と1/2

C:上に飾っていくもの
  ・そぼろ
    鮭の缶詰 大1/2缶
    砂糖   大さじ2
  ・金糸卵
    卵   .3個
    片栗粉 小さじ1
    水   大さじ1
    砂糖  小さじ2~3
    塩   少々
  ・さやインゲン  50g
    塩      少々
  ・のり    2~3枚
  ・紅しょうが 適量

 

寿司飯のつくり方と具の作り方

A:寿司飯の作り方

  1. 米はよく洗い、定量の水に15~20分つけてから炊きはじめる。
  2. 合わせ酢をボールに用意し、よくかき混ぜて溶かしておく。

    ~ 米を炊いている間にBとCを作っておく。~ 

  3. 米が炊き上がったら、7~8分間蒸らし、よくぬらして水を切った寿司桶に移す。
     (米粒をつぶさないように)
  4. うちわで扇ぎながら、全体に合わせ酢を混ぜる。
  5. 出来上がっているBの具をさっくりと混ぜ合わせる。

B:寿司飯に混ぜ合わせる具の作り方

  1. かんぴょうの下ごしらえをする。
    (塩もみ→水洗い→15分間ゆがく)
  2. 干しいたけは水でもどし、石付きを取り、千切りにする。
  3. にんじんは皮をむき、小さく短冊に切る。
  4. 味付けの煮汁を用意し、小鍋に入れ、まず人参を入れ、3~4分煮たら干ししいたけとかんぴょうを入れ、煮汁がなくなるまで煮込む。

C:上に飾っていくものの作り方

◆そぼろの作り方◆
  1. 缶詰をあけ、ざるに取り、汁気・皮・骨を取り除く。
  2. 小鍋に入れ、はしで身をほぐす。
  3. 火にかけ、砂糖(好みで食紅)を入れ、はしを7~8本握って混ぜ、炒りつけていく。
    焦げないように、火を小さくする。

 

◆錦糸玉子の作り方◆
  1. 卵は水溶きの片栗粉(片栗粉小さじ1と水大さじ1)を入れ、砂糖、塩をあわせて混ぜ合わせ、薄焼き卵にする。
  2. 冷めてから細く線切りにする。

 

◆さやいんげん◆
  • さやいんげんは筋を取り、沸騰したたっぷりの湯に塩を入れ、かためにゆで、水にさっとくぐらせ色止めをし、水気をよくきって、線に切る。

寿司飯の上に錦糸玉子、さやいんげん、そぼろ、細切りにしたのり、紅しょうがの順で飾ってどうぞ!

 

お寿司のコツ

寿司飯を美味しく作るコツ

寿司飯は上等米で、精白度の高い物を用います。
おいしく炊き上げるためには、昆布でだしをとり、だし汁で米を湯炊きにする方法もあります。

合わせ酢の配合は、すしの種類によって異なります。
五目寿司やちらし寿司は甘めに、魚類を用いるものは砂糖を使わないか甘さ控えめ、また、蒸し寿司は少なくするなど。

合わせ酢の目安は・・・
  酢(米の10~15%)
  塩(米の2~3%)
  砂糖(0~5%)

 

ご飯を飯台や寿司桶に移したら、合わせ酢を入れ、うちわで扇ぎながらご飯を切るように全体に合わせ酢がなじむように混ぜます。

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

源泉徴収票

児童手当の「所得制限限度額」とは

児童手当を支給するにあたって、所得と扶養人数に応じて支給できる所得の限度額(所得制限限度額)が決められています。児童手当における「所得制限限度額」についてご説明します。

ランキング

ランキングに参加中です。
応援していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザー ブログランキングへ
ページ上部へ戻る